美容院で生える、笑えない失敗

やってみたいと思う人もいるはず

美容室での失敗については保障を求めようと思えば求められるものだが、そうならない場合も存在している。正当にお金を払っているのにそんなことあるのか、なんてブラックな面はどの業界にも存在しているが、そういう話ではない。先ほど話していた、美容師の練習という意味にも関わる事になるのだが、世の中には『カットモデル』という人たちも存在している事をご存知だと思います。求人そのものを見かけたこともある人もいるはず、それこそ美容室の店舗に張り紙で募集を告知しているところもあるくらいだ。利用したことがある人なら一度は耳にするカットモデルについてだが、なってみたいと思ったことがある人もいるだろう。

カットモデルとは何ぞや、初めて聞いたから知らないという人もいると思うので簡単に説明すると、要は美容師さんが色々な技術を学ぶために一般の人から募集を掛けているモデルさんのことだ。技術と言っても単にカットだけでなく、パーマやカラーなどでも難しい物をお客さん自身で試すよりも先にカットモデルを通して実際にどのように施術していくのかを学んでいくものとなっています。

モデルの仕事は基本的には美容室の営業時間後、閉店してから時間が経過した時に行われるのが基本となっています。原則として休日の存在しない美容室となると、閉店してからの時間は美容師の練習時間に当てられますが、その時に新人ないし技量的に未熟な若手などはその時間を通して勉強をしていく事になる。熟練に取っても貴重な時間となっているが、その時用いる練習道具としてはマネキンやウィッグなどの人工毛を利用する機会が大半となっている。ですが人の髪を扱う事になるため、実際に髪の毛を道具としたほうが色々と経験を詰めるため、カットモデルを随時募集しているところもある。

美容室の裏側を覗けるのか、なんて興味深く感じている人もいるかもしれない。またある人はただで髪を切ってもらえるのか、といったようなことも気にする人もいるかもしれないが、実際のところはどうなっているのかまずは簡単な概要から見てみよう。

カットモデルになるためには

カットモデルをしてみたいと希望している人がいる、ですがよく考えてみると『モデル』というくらいだから容姿が優れていなければならないだろうと思う人もいるはず。答えとしてはその場合もあれば、そうでない場合もある。前者の場合については正直なれない人はなれないが、後者については条件を満たしていればカットモデルを体験できる。この2つにはちょっとした共通点が存在していたりする、それは『美容室がカットモデルとして魅力的な髪質をしているかどうか』という点だ。

どのような人を求めているかは実際の募集内容によって異なっているため断言できないが、一番の判断材料としては美容室そのものが欲している髪質をしているかが一番の基準となっている。また募集内容によっても違うが、モデルとしてどのように利用されるのかでもまた変わってくる。

モデルとしてどのような人が理想とされているのかはその美容室によって異なってきてしまうため一概にまとめることは出来ないが、男性だろうと女性だろうとカットモデルとしての体験を積むことは可能だという。

道端で声がけをすることも

ただカットモデルの募集と言っても店先の張り紙で募集すれば集まるものではない、かといってインターネットなどの募集広告サイトに掲示するという方法も取られることはあまり滅多にない。専用のインターネットサイトは存在しているのでそこを閲覧する必要はあるが、一般的に大手求人媒体に掲載といったほど大々的な募集をかけるわけではないという。

それでも見つからない場合は、道端で声がけをして適した人がいないか探すというのだ。この時にも誰でもいいからという基準で探すのではなく、ある程度目安としてこんな人がモデルとして理想という基準は存在しているという。一般的には、

といった条件を満たした人がいれば声を掛けてカットモデルに興味はないかと尋ねるという。